書籍

やりたい事が見つからない人へ!リーチ先生に学ぶライフワーク3カ条

スポンサーリンク

ライフワークと聞いて、どんなイメージを持ちますか?原田マハさんの"リーチ先生"では陶芸をライフワークとして、生涯を陶芸の道に捧げた男性の姿が描かれています。物語を読む内に、今の自分が置かれた環境に疑問を感じたり、打ち込める事がないことに焦りを感じる人も多いのではないかと思います。今回は、"リーチ先生"を通してライフワークとは何なのか、どんなきっかけで出会うのか、趣味との違いは何なのか、ライフワークにまつわるお話ししていきます。

[リーチ先生/原田マハ]

主人公の亀之助は、大衆食堂で働きながら芸術に憧れる貧しい青年でした。独学で覚えた英語と絵の才能がきっかけとなり、亀之助は高村光太郎と出会うことになります。光太郎の紹介で、彼の父親である高村光雲の書生として亀之助は働くことになりますが、ほどなく光太郎がロンドン留学中に知り合ったというイギリス人青年、バーナードリーチが高村邸を訪れます。幼少時代を日本で育ったリーチは西洋と東洋の美術の架け橋になるという志しを持って単身、来日してきました。
そのリーチの思想に深く感銘を受けた亀之助は、リーチの通訳兼弟子となり、日本での芸術活動を支えていきます。リーチの活動は、日本の若手芸術家たちに支持され、多くの才能ある人物と亀之助はリーチを介して交流するようになっていきました。
やがて、リーチは自分の生涯をかけるべき仕事として陶芸に出会います。亀之助もまた陶芸の道にのめり込んでいきます。試行錯誤を繰り返しながら、リーチの作品は大変な評判となります。しかし、高まる名声とは裏腹にリーチは、日々の食事といった日常的に使う器の中に美しさを見出す"用の美"こそ自らが求めていた事であると気付き、ついには故郷のイギリスに日本で学んだ窯をひらくことになるのです。亀之助は、遠くイギリスまでリーチを師事して同行します。リーチの事業が成功を収めた時、亀之助の胸に去来した想いと彼のとった行動とは…

リーチ先生 (集英社文庫(日本)) [ 原田 マハ ]

価格:1,188円
(2022/6/21 17:08時点)
感想(4件)

created by Rinker
¥1,320 (2024/07/23 15:46:18時点 楽天市場調べ-詳細)

1)興味のある、事と人を大事にする

主人公、亀之助の運命を変えたのは高村光太郎とバーナードリーチ、この2人との出会いといっても過言ではありません。また、亀之助の芸術に対する興味が無ければ、この出会いは成立しなかったでしょう。私達の生活の中にも、同じような出会いの種は落ちています。ネットや書籍、人との会話の中にもヒントはあって、自分が興味を持った事や人物、何故その興味を持ったのか、その事を実践したり、交流を持つにはどうしたらいいのか、少しだけ掘り下げてみてはいかがでしょう。すると、今まで聞き流していた事や見落としていた事に気付くかもしれません。やがて、それは趣味として楽しんだり、友人や知人が増えるといった変化を見せることもあるでしょう。さらに、深まっていけばそれはライフワークにもなり得ることもあるかもしれません。人生を変えるきっかけは常に日常の中に落ちています。それを手繰り寄せる一番の近道は興味ということになるでしょう。

リーチ先生 [ 原田 マハ ]

価格:1,980円
(2022/6/21 17:11時点)
感想(0件)

created by Rinker
¥1,980 (2024/07/23 15:46:19時点 楽天市場調べ-詳細)

2)継続することの大切さ

石の上にも三年、なんて言葉もありますが一つの事を極めようと思えば、ある程度の時間は必要になります。どれだけ才能ある人でも、継続的に時間をかけなければ一定の成果や達成感は得られるものではありません。あなたの周りにもいませんか?コロコロ趣味が変わる人。自分にとって好きなことだったり、興味がある事でも、嫌になってしまったり、行き詰まることは必ずあります。その先に、次の楽しい事が待っているのに諦めてしまうのはもったいないと思いませんか?こうして、一つの事に時間をかけて取り組んでいけば、始めは趣味だったこともやがて無駄が削ぎ落とされ、ライフワークに昇華していく可能性があります。リーチ先生の亀之助が最初は、芸術という漠然とした何かを追い求めていたように、始まりやきっかけは大きな括りで、リーチと共に行動を始めて陶芸というジャンルに傾倒していき、彼のライフワークへと変化していった姿が当てはまります。

【小鹿田焼 1合つぼ 白 飛びかんな】テーブルウェア 食器 つぼ 壷 和食器 おんた焼き 飛びかんな ギフト 初午■ ラッピング無料

価格:1,760円
(2022/6/21 17:14時点)
感想(4件)

3)お金にこだわらない

ライフワークが結果的にビジネスにつながり、お金が発生することはあり得ます。ただし、お金儲けがライフワークに繋がることはありません。営利活動には、必ず相手が存在しますので相手に合わせた活動や創作、サービスが求められます。つまり、自分が大事に思ってやってきた事を曲げなければならなくなることもあり得ます。多くの経営者や、職人達はその事に葛藤します。会社が大きくなって、経営者が早くに引退して、自分がやりたかった事業を一から始めるという話しもよく聞きます。それほど、ライフワークと営利活動のバランスを取るのは難しい事であると言えます。リーチ先生において、亀之助が本当にやりたかった事に向かっていく姿は、安定や名声といった欲望を飛び越して、陶芸をライフワークとして真摯に向かっていくことであったように思います。かなり、ストイックな話しになりましたが、ライフワークとは、雑念を捨てて自分のエゴを優先し、気が済むまで取り組んでいけるものであると言えます。その情熱や、取り組む姿が時として人々の心を掴み、ビジネスに繋がることもあります。

バーナード・リーチ日本絵日記 (講談社学術文庫) [ バーナード・リーチ ]

価格:1,265円
(2022/6/21 17:43時点)
感想(0件)

バーナード・リーチとリーチ工房の100年 海とアートの街セントアイヴスをめぐる [ 加藤 節雄 ]

価格:2,750円
(2022/6/21 17:46時点)
感想(0件)

[まとめ]

ここまで、"リーチ先生"の大きなテーマの一つであるライフワークについてお話ししてきました。好きや趣味が高じて、ライフワークが仕事になってしまう人もいれば、会社に勤めながらもライフワークを見つけて取り組む方もいらっしゃいます。共通して言える事は、ライフワークにはその人のエゴやテーマ、情熱が欠かせないという事です。さらに、ライフワークを持って生活している方は、イキイキとして活力に満ち溢れ、幸せ度が高いと言えるでしょう。ライフワークと出会う為に、少しだけ自分の時間を使ってみてはいかがでしょう。

FavoriteLoadingAdd to favorites

スポンサーリンク

-書籍

© 2024 はうまぬ Powered by AFFINGER5