洋服

作業着だけどスゴイ!イギリス発 ヤーモのアイテムが欲しくなる3つのワケ

スポンサーリンク

作業着といえば、安価で野暮ったいという印象を持つ方が大半ではないでしょうか。今回、ご紹介するブランド、ヤーモ(Yarmo)はイギリス発祥の作業着メーカーです。私自身も、20年前にファッション業界に身を置くようになってから、初めて耳にしたブランドでしたが、コートやジャケットの背景や実用性とファッション性を兼ね備えた佇まいに、すっかりファンの1人となってしまいました。
作業着なのに、街で着てみたくなるなんて不思議な洋服ですよね。今回は、ヤーモが作る製品の魅力について、お話ししていきます。

[ヤーモとは]

イギリス東部、ノーフォーク州の海沿いの町グレートヤーモスにて1898年に創業したヤーモは、ニシン漁の中継地であったグレートヤーモスで、船乗りに向けたエプロンやマリンウェアを製造する工場でした。ヤーモはイギリス各地の港で、自社製品を販売する店舗を展開していきます。その確かな品質と実用性は、たちまち話題となり、英国国防省をはじめ、BP、シェルといったイギリス国内の大手オイルメーカーのユニフォーム生産、医薬品大手のファイザー社の研究室用のラボコートの生産といった様々な業種からの生産依頼を受けるようになります。近年、多くの欧米ワークメーカーが、第三国での生産や日本でのライセンス生産に切り替えを行っていますが、YARMO製品の約8割は現在でもイギリスのグレートヤーモスの自社工場での生産を守り続けています。

トートからショルダーまで!BRADYのバッグが普段使いでも大活躍する3つのワケ

1)イギリス生産へのこだわり

自社工場を持つファクトリーブランドであっても、生産拠点を海外の低賃金の国に移すことはよくある話です。ヤーモは、いまだに数多くの製品を自社工場で手掛けている貴重なブランドであると言えます。自社工場の熟練の職人達は、自社製品の縫製、生地の生産、仕上げなどの工程を毎日のように、こなしていきます。ヤーモは、基本的にファッションブランドではない為、製品のパターンや生地は大きく変わりません。ほぼ同じ作業工程を繰り返すことにより、職人の習熟度は格段に上がります。すると、縫製ミスや生地の裁断の失敗が減り、クオリティと生産性が上がっていきます。ヤーモの製品が高いクオリティを誇る割に、価格を抑えて提供されている理由はここにあります。インポート好きの方なら、嬉しいポイントです。イギリス製と聞くだけで、ワクワクしてしまうのは私だけではないはずです。

【2022ss新作】Yarmo ヤーモ コットンビッグコート yar-22ss-co15-yo【サイズ カラー交換初回無料】 レディース

価格:36,300円
(2022/5/11 12:50時点)
感想(0件)

2)ワークウェアとしての丈夫さと実用性

ヤーモの製品クオリティは、常に使用するエンドユーザーを意識しています。過酷な海での作業では、耐久性と海水に濡れてもすぐに洗える点が重視されます。ヤーモの顔とも言えるコットンツイルは、この二つを実現できる優秀な生地であると言えます。目の詰まった生地は、引っ掛けや摩擦にも耐えられる丈夫さと、頻繁に洗濯しても生地が痩せないという特長を持っています。また、製品のデザインにも使用者の利便性を考えたヤーモクオリティが反映されています。ヤーモの代表作である、ドライバーズジャケットは、バスやタクシーの運転手用に作成されたモデルですが、その袖の長さはハンドルに手をかけた状態で丁度良い長さになるように長めに作成されています。また、肩や背中部分がやや立体的になっており、ハンドルを握った姿勢で着心地が良くなるように、使用者の立場で実用的なデザインとなっています。

[22年春SALE] Yarmo/ヤーモ ドライバーズジャケット DRIVERS JACKET Brisbane Linen YAR-19SS 01[メンズ ジャケット テーラード ワーク CC41 ブリスベンモス リネン 麻 一重 おしゃれ かっこいい 冬服 冬物 冬 大人 彼氏 プレゼント]

価格:24,750円
(2022/5/11 12:48時点)
感想(1件)

3)性別、年齢を問わないファッション性

近年、日本の代理店である、グラストンベリーが日本の市場に合わせて作成を依頼している製品によってヤーモのワークウェアとしてだけではない、ファッション性が評価されています。あくまでも、ワークウェアであるという原点を忘れずに、日本のユーザーに受け入れられるデザイン、ファッション性のあるデザインもラインナップされるようになり、武骨なワークスタイルを好む層から、トレンドに敏感な層にまで、響く製品が産み出されています。ヤーモの根底にある労働者の為の服という原点は、年齢や性別で、ユーザーを選びません。普段着として、日常のコーディネートに組み込みやすい点はヤーモの魅力の一つです。

[22年春SALE] Yarmo/ヤーモ ワークコート WORK COAT YAR-18SS 02(YAR-17AW 02)[メンズ コート ジャケット テーラード ワークコート カジュアル 無地 シンプル 一重 コットン ツイル おしゃれ かっこいい 冬服 冬物 冬 大人 彼氏 プレゼント]◆30%〜49%

価格:16,500円
(2022/5/11 12:49時点)
感想(0件)

大人の着こなし!バブアーのビデイルジャケットをメインアウターに使いたくなる3つのワケ

[まとめ]

ここまで、イギリスの老舗ワークウェアブランド、ヤーモの製品の魅力についてお話ししてきました。イギリス生産というインポートとしての本質、ワークウェアとしての立ち位置を守りながら、新しい試みにも挑戦する姿勢を見せるヤーモのスタンスは、ともすればユーザーを置き去りにして、効率と利益を追求しがちなファッション業界に対して、一石を投じるものではないでしょうか。ユーザーがブランドに、何を求めているのか、また、ブランドが守るべき一線をどこに引くのか、さらには、ブランドを存続させる為の収益の確保、これらのバランスが永く愛されるブランドの秘訣ではないでしょうか。

FavoriteLoadingAdd to favorites

スポンサーリンク

-洋服

© 2024 はうまぬ Powered by AFFINGER5