音楽

普段着のオシャレ感!mei eharaの"Sway "3つの魅力

スポンサーリンク

ピンとくる音楽に出会うことは、それだけで幸せなことかもしれません。大勢が行き交う交差点で、すれ違い様に一目惚れしてしまう感覚でしょうか。その素敵な出会いが、今回ご紹介するmei eharaのアルバム"Sway"です。聴いたことのないアーティストを発見するのに、たまたまネットサーフィンをしながら、サンプルを聴いたことがきっかけとなりました。肩の力が抜けたオシャレ感は、他のアーティストにはない特徴であり、作品全体の魅力となっています。2017年発売の作品ですが、今でも色褪せない独特な世界観を持つアルバムで、私もヘビーに愛聴しています。それでは早速、アルバム"Sway"の魅力をお話ししていきます。

Sway [ mei ehara ]

価格:2,213円
(2022/9/8 15:59時点)
感想(0件)

created by Rinker
¥2,341 (2024/04/18 08:56:03時点 楽天市場調べ-詳細)

[mei ehara]

江原茗一

学生時代に、自主製作映画のBGMのため自宅での音楽製作を始め、その後、歌唱を入れた音楽へと移行していきます。2017年11月にカクバリズムより1stAL「Sway」を発売します。音楽活動の他、文藝誌「園」主宰、インタビュープロジェクト「DONCAMATIQ」、アーティスト写真の撮影やデザインといった制作活動にも、取り組みマルチな才能を発揮しています。
2018年夏には、FUJI ROCK FESTIVAL’18に出演。他のアーティストの楽曲にゲストボーカルで参加するなど、音楽活動を続けています。

1)二面性のある歌声

彼女の爽やかな中に憂いのある歌声は、最初に私の心を掴んだポイントでした。私の場合、ただ爽やかでスッと入ってくる声は、同じようにスッと心から出ていくことも、よくあります。彼女の声は、小さな棘のように微妙な引っ掛かり、クセがあるという表現が近いのかもしれません。聴く人の耳や、さらに心の中に滞留して簡単に飲み込めない後味を残してくれます。その後味は、また聴いてみたいと思わせてくれる印象深さを残します。アルバム全体での彼女の歌声は、人懐っこいけど人見知り、朗らかなようで、どこかクール、ふわふわした中に、一本芯がある、そんな相反する要素が聴き取れます。

2)歌詞の独創性

前述した通り、彼女は文藝の面においても自ら文藝誌を主催するなど才能を発揮しています。その文学的、詩的な歌詞は日本語の持つ韻の美しさを見事に表現しています。収録曲の"戻らない"の一節に"飛び乗っても枯れて沈む 葉の船では頼りない"とありますが、聴く人の心情によって随分と受け止め肩が変わるような言い回しです。過去の事なのか、今の事なのか、はたまた未来の事なのか、仕事のことなのか、パートナーのことを表現しているのか、いろいろと想像を巡らしてしまうところです。聴き手に委ねるような、比喩的表現は知的で、ミステリアスなカラーをアルバムに纏わせ、より深みのある作品としています。

3)キセル 辻村豪文のプロデュース

アルバム"Sway "は、KAKUBARHYTHMで所属が同じであるキセルの辻村豪文が初めて、他のアーティストのプロデュースを行うことでも話題となりました。この事は、自宅で一人製作に当たってきた彼女にとっても異例のことで、新しい一面が引き出されたアルバムと言えます。また、アルバムの楽曲についてもキセルが演奏を担当しており、"mei ehara"の世界観を邪魔することなく、作中で彼女が伝えたいメッセージがより浮き彫りになっているように感じます。プロデュースを担当した、辻村豪文も彼女の才能を絶賛していて、無骨で追い詰められるように楽曲作りを進める姿と、必要な意見を受け入れる懐の深さに言及しています。

心地よい抜け感!mei eharaの2ndアルバム"Ampersands"3つの注目ポイント

[まとめ]

ここまで、mei eharaのアルバム"Sway "の魅力についてお話ししてきました。swayを日本語で直訳すると、揺さぶる、揺り動かすといった意味になります。アルバムに漂っている浮遊感、揺れるように流れる音はまさに"Sway "を連想させるのに充分です。私は、ボサノヴァをよく聴いている頃もあって、アルバムを聴いて、ほっこりとちょっと懐かしいイメージを持ちました。フォークやボサノヴァ、ロックといった要素も、彼女なりの解釈を加えて作品に表現されているように感じました。
また、swayには支配するといった意味もあり、作品自体が大衆迎合であることを良しとせず、曲げられない芯のようなものを感じました。最初に聴いてから、もう一度聴き直すと詞や音がよりクリアに入ってくるイメージでしょうか。聴けば聴くほどに、彼女に支配されていく…
でも、それが心地良いとなっていくのは不思議でした。そんな、魅力溢れるアーティストであるmei eharaのアルバム"Sway"是非一度聴いてみてはいかがでしょう。

FavoriteLoadingAdd to favorites

スポンサーリンク

-音楽

© 2024 はうまぬ Powered by AFFINGER5